WordPressのサイドバーに月別アーカイブを設定したのはいいが、月をクリックして一覧ページに飛ぶと、なぜか右寄せになってしまうという問題が発生している。通常のページではこの問題は起こっていないことから、何か月別アーカイブに関するところで、悪さがなされていることは容易に思料された。

とりあえず状況を整理しておこう。書き加えた記述は以下のとおりだ。まず、sidebar.phpに、

<details>
<summary>MONTHLY ARCHIVES</summary>
<ul class=”ul-sb”>
<?php wp_get_archives(‘show_post_count=1’); ?>
</ul>
</details>

つづいて、function.phpに、

//記事数をリンク内に表示
add_filter( ‘get_archives_link’, ‘my_archives_link’ );
function my_archives_link( $output ) {
$output = preg_replace(‘/<\/a>\s*(&nbsp;)\((\d+)\)/’,’($2)</a>’,$output);
return $output;
}
//

以上である(註1)

まず、筆者が疑ったのは、出力先ページが必要なのではないか、ということだ。すなわち、月別アーカイブは、archive.phpではなく、何か別のphpファイルを参照して反映されるものであるという――。そのファイルの不在が、斯様な事態を招いているのではないか?

Google検索を利用した調査の結果、どうやらdate.phpというphpファイルが必要なのではないか、という結論に至り、archive.phpをコピーし名前をdate.phpに変え、テーマ内にアップロードした。しかし、これによる効果はなかった。

次に筆者が目をつけたのは、rtl(right to left)に関する記述が悪さをしている可能性である。なにかが原因で、rtlに関わるcssを読み込んでしまっているのではないか? しかし、当サイトでは、アラビア語など右から左へ読む系の言語は使用しておらず、今後も使用の予定はない。幸いにして、rtlに関わるcssは削除してもよい(註2)と読める記載を発見、早速実行に移した。しかし、これによる効果はなかった。

次に筆者が行ったのは、あまりにも大胆で端的な方策であった。すなわち、date.phpのページ全体を<div align=”left”>でくくるというものである。なるほど、これには確かに効果が見られた。しかしながら、これは、二階堂奥歯の言葉を借りれば、〈問題を解決するのではなくて解消する〉(註3)手法ではないのか。あるいは、効果が確実に認められる治療ではなく、対症療法である、と言ってもいいが。

こんなんでよいのだろうか? しかし筆者は、これでよしとすることにした。いわゆる、「今後の課題としたい」というやつである。解決策をご存知の方におかれましては、ぜひ筆者までご連絡いただきたいが、近々に自身の力で解決するには限界があると判断した。白鳥も、水面上での端麗さとは裏腹に、水面下では必死でばた足をしていると聞く。すなわち? ソースはともかくレイアウトがある程度理想通りになれば、あきらめも肝心だ、ということだ。

なお、本稿のタイトルは、言うまでもなく横光利一「春は馬車に乗って」のもじりである。現代日本において想定される「馬車に乗ってくるもの」はなにほどか優雅さの伏線を張るが、サイトの意図しないレイアウト崩れは、そういう情緒とはおおきな懸隔がある、という「意図」を込めた。「春は馬車に乗って」というテクストを愛する方々は、どうぞご寛恕願いたい。

  • (註1) sidebar.phpおよびfunction.phpの記述事項については、「【WordPress】月別アーカイブ一覧で、投稿数を表示する方法」(https://recooord.org/wordpress-archives-month/) を参照した。(二〇二〇年一一月二四日閲覧)
  • (註2)「WordPressの不要なファイルを全て削除する」https://ecsiter.com/wp_files (二〇二〇年一一月二四日閲覧)
  • (註3)二階堂奥歯「八本脚の蝶」 http://oquba.world.coocan.jp/notes/oquba005.html (二〇二〇年一一月二四日閲覧)

2020/11/24 09:14

とある企業のHPを想定していただきたい。シンプルなつくりのHPである。メニューは4つくらいぽんぽんぽんと並ぶばかりで、コンテンツは一見、それ以上でも以下でもないように見える。けれども、たとえばあなたがその企業に就職を志すわかものであり、会社概要を知るべく、「ABOUT」のボタンをクリックすると、ふいにその下に「企業理念」「グループ企業」「沿革」「アクセス」などへの隠れていたリンクがあらわれる。もはやそういうサイトは、決してめずらしいつくりのものではない、と言っていいだろう。

「隠しメニュー」と筆者は呼んでいたが、それには「アコーディオンメニュー」乃至は「折りたたみメニュー」という「正確な」名前があるらしい。外観がすっきりしていいよね、アコーディオンメニュー。というわけで、これを弊サイトにも実装すべく、筆者はGoogle検索の小窓をたたいた。

まず、非常に多く見られたのが「jQueryを使ってアコーディオンメニューをつくる」というものだった。しかし筆者はhtmlを多少齧ったことがある程度で、phpは、スープになぞらえるならスプーン約半分にも満たない量をおそるおそる啜った程度にすぎない。腹がくちくなるどころではないのに、「じぇーくえりー」などというものを使うのは、少々以上に骨が折れる作業になることが予想された。(なお、まったくの余談であるが、筆者はいまだにGitHubがいかなるものなのか理解していない。)

けれども、検索結果のなかには、「htmlとCSSだけでアコーディオンメニューをつくる」というものも散見された。それなら、わからないでもない。まあ、多少は。htmlを利用したホームページならこれまでもつくっていたし。そういうわけで、そのうちのいくつかを試みてみた。なぜ「ひとつ」ではなく「いくつか」か? サイトの記述のとおりにhtmlおよびCSSを作成したつもりであるのに、アコーディオンメニューの完成がかなわなかったからであることはいうまでもない。

筆者は敗北した。Wordpressとの闘いに敗北に敗北を喫した。もうここは撤退のラインではないか――そんなときに筆者は、偶然ひとつのサイトに至りつく。それが、「1行で書く!折りたたみメニュー!!」というサイト(註1)であった。当該サイトの記述を鵜呑みにすれば、htmlで、<details>というタグで「くくるだけで」、簡単にアコーディオンメニューができちゃうよ、とのこと、そんなうまい話があるのか? 半信半疑で筆者は、サイドバーに以下のような文字をつづった。

<details>
<summary>ABOUT</summary>
このサイトについて
</details>

なお、「以下のような」とあるように、筆者がつづったのが「このサイトについて」だったのか「ロクエヒロアキについて」だったのか、はたまたそれ以外の文言だったのかは、一切記憶にない。もちろんこれは枝葉末節なのだから、筆者の記憶にないことなどなんの問題にもなりはしない。ともかく筆者は、おそるおそる「ABOUT」にカーソルを合わせ、クリックした。

あれ、できちゃった。

そう、二〇二〇年ともなれば、「じぇーくえりー」などのお力を借りなくても、隠しメニュー、失礼、アコーディオンメニューの作成はできるのである! ただし、IEなどにおかれましては非実装らしいが、筆者が使っているブラウザはGoogle Chromeなので、なんら問題はないと言っても過言ではない。

というわけで、アコーディオンメニューのサイトへの実装をお考えの方は、detailsおよびsummaryタグを使うのがおすすめだ。ちなみにリンク付きのリストも無事格納できたし、なんかクリックすると文字の周りに出てくる変な枠線も、CSSに、

details > summary {
border: none;
list-style: none;
margin: 0;
padding: 0;
outline: none;
}

と記載することで削除できる(註2)

アコーディオンメニュー、導入したいけどむずかしそう……と二の足を踏んでいた方は、ぜひ<details>タグをお試しいただきたい。

  • (註1)詳細は、「1行で書く!折りたたみメニュー!!」https://qiita.com/kobotyann/items/c8f85f88f8ba39a34932 (二〇二〇年一一月二四日閲覧)
  • (註2)詳細は、「<details>: 詳細折りたたみ要素」https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/HTML/Element/details をご参照のこと。(二〇二〇年一一月二四日閲覧)

2020/11/24 02:51

【2020年11月23日 18:42追記】

こちらにつきましてはほぼ修正対応が完了いたしました。

ご不便をおかけし大変申し訳ありませんでした。


先ほどパソコンを再起動しましたところ、ローカルのfunction.phpおよびsidebar.phpがなぜか真っ白になっており(当サイトはWordpress自作テーマに基づき構築されております)、そのことに気づかずに当該ファイルをアップロードしてしまいました。

このため、現在復旧対応中です。

各々記事内のカテゴリ/タグ名からはリンクで飛べると思いますので、大変恐れ入りますが、そちらをご利用ください。

また、同様の事態にお心当たりがおありの方は、ご存じでしたら対処法などにつきご教示いただけますと幸いです。

ご参考までに、当方、サクラエディタを利用してphpを記述しております。

バックアップをとっていなかったのは、こちらの不手際でした。

御見苦しい状態となっており、大変申し訳ありません。

よろしくお願い申し上げます。

ロクエヒロアキ

2020/11/23 15:03

第5回ぺーパーウェルに参加いたします。

  • タイトル:猫に率いられ旅に出る
  • 仕様:A5/4p/フルカラー推奨(推奨理由:猫ちゃんのカラー写真がかわいいので)
  • 印刷方法:小冊子印刷/右綴じ

ファイルはこちらからダウンロードいただくことが可能です。

ファイルサイズが大きすぎて、登録エラーが出てしまったので、セブンイレブン、ファミリーマート、およびLAWSONでのネットプリントはございません。

久しぶりのぺーパーウェル参加で、少々どきどきしておりますが、どうぞよろしくおねがいいたします。


2020/11/22 02:29

炎がぼぉっと勢いを増して燃え盛り、わたしの顔を熱くくすぶらした。飛び散る火の粉はまるで真っ赤に怒ったキャンディのよう。もしかしたら、手を伸ばそうとしてやめる、という選択肢もあったのかもしれない。でも、わたしは、はなから手を伸ばそうとはしなかった。わたしに届く前にどうせ消えてしまう、流れ星よりも儚いはかない熱だ。

わたしにははじめから、わかっていた。

うずらのてのひらが、わたしのてのひらの下からすっといなくなる。わたしは空に浮いてしまった手を、仕方なく芝生の上におろす。水に満ちた土が呼吸している感触。そうして、いなくなったてのひらは、鶉の膝の上に座り込み、そのてのひらの上には、憂いに満ちた鶉の顔がある。もうしおどきかな。そう思うのに、わたしは元気よく立ち上がることができない。それどころか、鶉の濡れたようにきらめく長い黒髪を、じっと見つめてみせることもできない。マジカルステッキ、あとひと振りぶんわたしのお願いを聞いてください、だなんてずうずうしいかな。前夜祭のキャンプファイアを一緒に過ごせただけでも、本来は僥倖というものなのだから。

――美蜂みはち

炎からひしと目を逸らさないまま、鶉はわたしの名を口にする。

――わたし、行ってくるね。

とうとう来てしまった瞬間は、もちろんわたしの右耳から左耳へと通り抜けたりしなかった。鶉のことばは、頭のなかでぐちゃぐちゃに絡まって、ときほぐすこともできない。それをときほぐして出てくるものは、意味ではなく鋏だ。わたしのこの気持ちを切り裂いて、わたしの心の床を血まみれにするための。だからわたしは息をできるだけ殺しながら、そっか、とつぶやく。しばらく、と言っていいくらいの時間が流れた。けれどもまだ鶉は立ち上がらなかった。そこへきてようやく、わたしは、わたしたちの「友情」が要請しているものがなにかということに気づく。

わたしは立ち上がると、芝生についていなかったほうの手、さっき鶉の手に添えていなかったほうの手、どんな欲望もまだ体現していないほうの手を使って、鶉の背中をたたく。そうして、せいいっぱいのほほえみを浮かべると、言った。

――はやく行ってきな。露地ろじくんねらいの子、きっといっぱいいるよ。

わたしの見立てでは、カッサンドラはデウス・エクス・マキナと呼ばれる存在ではない。けれども、わたしは予言者であり、その予言のとおりに交通整理を行い、その手を取って鶉を立ち上がらせた。鶉は緊張するとまばたきが多くなる。アサリというよりは、ハマグリみたいにおおきな目。吸血鬼でなくても齧りつきたくなるような白く細い頸筋。しっかりと上を向いているのに、ちっとも傲慢な印象を与えない鼻。客観的に見て美人の範疇に属する鶉に告白されて、悪い気持ちのするヘテロの男はいないだろう。うん、とわたしは、こしらえた笑顔のまま頷く。

――鶉なら大丈夫。自信持って! さあ、行ってこい!

鶉は二度ほど激しくまばたきをした。けれども、うん、と頷いたあと、わたしを見つめた数秒のあいだ、彼女の目はもう動かなかった。

――ありがと、美蜂。

そう言って、鶉はたたたた、と駆けていく。ああ、鶉の恋はうまくいくだろうな、とわたしは確信している。なにせ、露地くんの鶉を見つめる瞳ときたら、砂糖漬けのスミレのようなのだ。そう、鶉は露地くんの視線を意識することで露地くんの存在に気づき、露地くんへの好意を抱くようになったのだ。鶉がそのことに気づいているのかはわからないけど――そんな恋がうまくいかないはずがない。

明日の文化祭をふたりで回る約束は、たぶん果たされないだろう。それどころか、未来に向けて約束をすることすらできないふたりになってしまったのかもしれない。玉砕することがわかってても、鶉に告白しとけばよかったな。わたしは知っている。鶉は勇気がないように見えて、こうと決めたら肝が据わっている。いっぽうでわたしは、軽いように見えて、自分でも身動きがとれないほど重たい泥のなかに落ち込みがちだ。結局のところわたしは、例によって例のごとく臆病風に吹かれたのだ。

わたしは手をそらに翳す。真っ赤に怒ったキャンディは相変わらず降りつづけていて、けれども、途中で消えるだろう、というわたしの予想に反し、それはわたしのてのひらに着陸し、ちりり、とわたしのてのひらの一部を焼いた。空は噎せ返るほどに星の見えない闇、なまぬるく焦げた風がわたしの鼻腔を通り過ぎ、わたしはキャンプファイアに視線を戻す。あの火が燃え尽きるまで――もしかしたら燃え尽きたあとも、わたしはここにいるだろう。


2020/10/08 12:30