書籍/電子書籍

禽喰真義人の招待

「青空に似つかわしい色をした列車が、あたかも骨のない生き物のようにゆっくりとブレーキを踏みながら、汚れた空気のなかに茫然とたたずむステイションへとすべりこむ」。このテクストは、たとえばそんなふうにしてはじまる。もちろん、あくまでそれは、「たとえば」の話であって、そうであってもいいし、そうでなくても一向にわたしは構わない。

「禽喰真義人の招待」

収録作品

  • 禽喰真義人の招待

販売サイト

初版発行日

  • PDF:2020年4月1日
  • mobi:2018年10月7日
  • 書籍(文庫):2019年1月2日

頁数

  • PDF:101p
  • 書籍(文庫):106p(表紙回り4p含む)

発行元

  • PDF:6e
  • mobi:6e
  • 書籍(文庫):6e

備考