短歌

犬に食わせろ(10首)

・兄は雲丹、知を司る。弟は野薔薇、怒りとは彼の別名。

・笑いものにされた絵具で描かれた果物ゆえに(その寓意より)はやく萎びる

・頑迷な警察官ポリスマン それは出会い頭の郵便事故と認めようとしない

・木漏れ日に眠る仔馬は玻璃ガラス張りの膚の少女にあたま預けて

・ジェラートの時計回りに渦を巻き押し流される蟻のいくつか

・心臓など犬に食わせて掌に載る大きさの石でじゅうぶん

・太陽の赤・六に月の白・四を重ねて西瓜は真夏を産んだ

・晩秋のきび砂糖が柿の実の陽ざしの中で風に固まる

・知に汗を、力に学びを、皮膚の奥に心は入れずに拵えあげた

・実る前に枯れるものあれば実る前を愛でるものもある秋の庭