書籍/電子書籍

ひらがなのふたり

男の二人暮らしになんて、カラフルな爪楊枝は必要ないだろう。そう思ったゆきは、ちょっとだけ眉間に皺を寄せると、結局のところそれを、買い物かごのなかに抛り込んだ。なんと言ってもさなたはきっとこういうものが好きだろうし。前歯をせせるのにはいささかお上品にすぎるが、そもそもゆきやさなたの年代だと、そんなものは使わないか、使うとしても類似の高性能品(デンタルフロス)である。チーズとか、たこさんウインナーとか、ミートボールとかに「むだに」(とはもちろんゆきの思惑)刺して使う。そんな「むだ」にこころを配るのは、なんと言っても、ゆきが、さなたの喜ぶ顔が好きだから――などという言い方は、いささか簡にして要を得ていない。そうであるからこその「眉間の皺」である。
「爪楊枝の色」

収録作品

  • ひらがなのふたり
    • 爪楊枝の色
    • 麻婆飯
    • ひらがなのふたり
    • 大判焼小路
    • 桜の下で男(もしくは男)
    • お茶を淹れる
    • 未開の大地
    • 春巻きの皮(すなわち、揚げるまえに包むもの)
    • スパイスの誘惑
    • 気づいたら卵焼き
    • 平行線
    • オーロラソース
    • 古い油
    • 木べらと青春
    • WATCHING A MOVIE WITH SOME SNACKS
    • ゆきあらし
    • 突然炎のごとく
    • 霙花
    • 海・オンデマンド/花火・オンデマンド

販売サイト

初版発行日

  • PDF:2020年4月1日
  • mobi:2016年4月15日
  • 書籍(文庫):2017年4月9日

頁数

  • PDF:82p
  • 書籍(文庫):86p(表紙回り4p含む)

発行元

  • PDF:6e
  • mobi:6e
  • 書籍(文庫):6e

備考

  • BL
  • 連作掌編集