書籍/電子書籍

  • 書籍/電子書籍

    点Bにて

    点Cを先に出発したきみを点Bにて待つ真四角な恋
    鯨幕の前にぽつんと立っている野菊のごとき兄弟の喪

    「点Bにて」

    収録作品

    • 新入生代表
    • 仮死の王
    • ピンクの東京タワー
    • 点Bにて
    • 光るうどん
    • 湖畔の夏

    販売サイト

    初版発行日

    • PDF:2020年4月1日
    • mobi:2019年5月19日
    • 書籍(文庫):2019年3月2日

    頁数

    • PDF:41p
    • 書籍(文庫):58p(表紙回り4p含む)

    発行元

    • PDF:6e
    • mobi:6e
    • 書籍(文庫):6e

    備考

  • 書籍/電子書籍

    火の歌

    ラジオから黒い雨雲が流れ来て四分あまりの雨を降らせる
    知の果ては偽計のはじまり 手で捏ねた泥人形に「真理」と名づけ

    「日の歌」

    収録作品

    • 紀元前の磔刑
    • ライチ少年
    • ラクトバチルス
    • 火の歌
    • 天文学
    • 夢幾夜

    販売サイト

    初版発行日

    • PDF:2020年4月1日
    • mobi:2019年1月26日
    • 書籍(文庫):2019年1月4日

    頁数

    • PDF:42p
    • 書籍(文庫):58p(表紙回り4p含む)

    発行元

    • PDF:6e
    • mobi:6e
    • 書籍(文庫):6e

    備考

  • 書籍/電子書籍

    土と月

    殺した男を埋める穴を掘る 爪にまだらな土と月
    未熟な身体を天と分け合う 五月の茱萸はもう紅い

    「土と月」

    収録作品

    • 土と月
    • GENG-QUA-SHOW-KYACK
    • 解釈と鑑賞
    • ブロークン
    • 赤と黒
    • 還らぬ手紙

    販売サイト

    初版発行日

    • PDF:2020年4月1日
    • mobi:2018年12月27日
    • 書籍(文庫):2019年1月3日

    頁数

    • PDF:42p
    • 書籍(文庫):54p(表紙回り4p含む)

    発行元

    • PDF:6e
    • mobi:6e
    • 書籍(文庫):6e

    備考

  • 書籍/電子書籍

    夜を牽く牛

    夜を牽く真白き牛が骨までも四つの胃までも銀になるまで
    炎天をかなぐり捨てて、あと一歩、もうあと一歩と駆ける草野球
    深淵の奥に双子の兄がいる いつか鏡を割って逢いにゆく

    「夜を牽く牛」

    収録作品

    • 夜を牽く牛
    • きらめくまでの助走
    • 口語よりも自由
    • 三人の他人の人生
    • キウイフルーツ
    • 意味上の主語
    • ねむらない樹

    販売サイト

    初版発行日

    • PDF:2020年4月1日
    • mobi:2018年12月5日
    • 書籍(文庫):2019年1月3日

    頁数

    • PDF:69p
    • 書籍(文庫):86p(表紙回り4p含む)

    発行元

    • PDF:6e
    • mobi:6e
    • 書籍(文庫):6e

    備考

  • 書籍/電子書籍

    禽喰真義人の招待

    「青空に似つかわしい色をした列車が、あたかも骨のない生き物のようにゆっくりとブレーキを踏みながら、汚れた空気のなかに茫然とたたずむステイションへとすべりこむ」。このテクストは、たとえばそんなふうにしてはじまる。もちろん、あくまでそれは、「たとえば」の話であって、そうであってもいいし、そうでなくても一向にわたしは構わない。

    「禽喰真義人の招待」

    収録作品

    • 禽喰真義人の招待

    販売サイト

    初版発行日

    • PDF:2020年4月1日
    • mobi:2018年10月7日
    • 書籍(文庫):2019年1月2日

    頁数

    • PDF:101p
    • 書籍(文庫):106p(表紙回り4p含む)

    発行元

    • PDF:6e
    • mobi:6e
    • 書籍(文庫):6e

    備考

  • 書籍/電子書籍

    レモン嬢の午後

    にせものの体温計で測っても三十六度二分で平熱
    卵黄を齧りて思ふ ひよことは心臓までをも黄色きものか
    まっさらにこころは火照る 五位鷺の群れが夜空をよぎる きれいだよ

    「レモン嬢の午後」

    収録作品

    • 怪物の魔法
    • レモン嬢の午後
    • ガガーリン天気予報
    • 恋する夜行列車
    • ハルシオン時間
    • ココアソング

    販売サイト

    初版発行日

    • PDF:2020年4月1日
    • mobi:2018年8月2日
    • 書籍(文庫):2018年8月4日

    頁数

    • PDF:65p
    • 書籍(文庫):76p(表紙回り4p含む)

    発行元

    • PDF:6e
    • mobi:6e
    • 書籍(文庫):6e

    備考

  • 書籍/電子書籍

    声敵

    東弘子は、谷本みずきの声敵だという。
    「声敵?」
     聞きなれないそのことばに、俺は目を瞬いた。谷本は自分の腕のうえに、唇をとがらせた浮かない顔を載せている。俺は借りていたノートを閉じ、谷本にサンキューと言って差し出しながら、
    「恋敵じゃねえの?」

    声敵こえがたき

    収録作品

    • 家族葬
    • 声敵
    • 絶望までさよなら
    • マイナス一千歩の男
    • 四つの署名

    販売サイト

    初版発行日

    • PDF:2020年4月1日
    • mobi:2018年8月1日
    • 書籍(文庫):2018年8月1日

    頁数

    • PDF:58p
    • 書籍(文庫):62p(表紙回り4p含む)

    発行元

    • PDF:6e
    • mobi:6e
    • 書籍(文庫):6e

    備考

      男女カプ

  • 書籍/電子書籍

    盗作

    まばたきは
    まぶたたちの身体への叱責
    けれども安心して
    涙がそれを受忍するとは必ずしも限らない

    「まぶたたちの叱責」

    収録作品

    • 冒険
    • そんなのは砂の粒
    • 真冬の図書館
    • 明日も六時半に起きるけど
    • 浮き足
    • 少年アイスクリーム
    • ア・スタア
    • 駅の香り
    • 盗作
    • 恋のテンパリング
    • 墓場の星
    • アクア・ポップ
    • 枯枝
    • 黒い日傘
    • 祈り
    • バターナイフ戦争
    • パーティー
    • 踊り子
    • まぶたたちの叱責
    • スプーン

    販売サイト

    初版発行日

    • PDF:2020年4月1日
    • mobi:2018年8月1日
    • 書籍(文庫):2018年8月2日

    頁数

    • PDF:53p
    • 書籍(文庫):60p(表紙回り4p含む)

    発行元

    • PDF:6e
    • mobi:6e
    • 書籍(文庫):6e

    備考

  • 書籍/電子書籍

    eπi=-1

    あの怪物を、どうかひとりにしてあげて。ひとりきりなら、だれも怪物のことを、怪物だとは呼ばないのだから。

    「ひとりにしてあげて」

    収録作品

    • ひとりにしてあげて
    • 告白
    • 悲しみが降り積もる
    • 走る
    • 不老不死の桜
    • 季節の河原にて
    • 追いかけっこ
    • チョコレート
    • 賽の河原
    • 悲シミノ大群
    • 余韻
    • 一円玉
    • 太陽
    • 自販機
    • 逆光
    • not in bed
    • 彫像
    • 林檎の逆流
    • 素因数分解
    • ポセイドン
    • 眠り
    • 星空
    • ライフワーク
    • トマト
    • 水を奏でる
    • 白鍵
    • 光速
    • ジェラートの海
    • 重低音
    • 夜の旅
    • バター
    • 薔薇湯
    • ギブス
    • 吝嗇家
    • くすぶる
    • ジェノベーゼ
    • 蜘蛛
    • ラブレターが送れない
    • ひたひた
    • 知性
    • クリームソーダ
    • 摩擦
    • 森に生まれる
    • 背丈
    • 靴とネクタイ
    • パフェ
    • 風船
    • 義眼
    • 睫毛
    • 双子
    • 名探偵
    • 蠟燭
    • きゃべつ
    • やけど
    • 非の打ちどころ
    • エンド・オブ・ザ・ワールド
    • 果て

    販売サイト

    初版発行日

    • PDF:2020年4月1日
    • mobi:2018年1月31日
    • 書籍(文庫):2018年2月25日

    頁数

    • PDF:79p
    • 書籍(文庫):82p(表紙回り4p含む)

    発行元

    • PDF:6e
    • mobi:6e
    • 書籍(文庫):6e

    初版仕様

    • 本文用紙:マットコート(ユーライト) 90kg
    • 表紙用紙:マットポスト 180kg
    • カバー用紙:マットコート(ユーライト) 135kg
    • オビ用紙:OK未晒クラフト 108kg
    • PP加工:カバーにマットPP加工
    • 印刷会社:株式会社RED TRAIN -ONE BOOKS-

    ※こちらは現在販売を終了しております。

    備考

    • 140字SS+写真(パブリックドメインのもの)のオールカラー作品集。
    • 末尾に全作品のテクスト部のみ抽出したものを掲載。
    • 初版本体表紙(カバー下)はこちら

  • 書籍/電子書籍

    KIRA☆KIRA.PDF

    「直希くんは、ほんとうに磯貝くんのことが好きだねえ」
    「お、おお?」
    動揺した声をあげるぼくが、ほんとうに動揺しているとは限りません。けれども、うん、磯貝くんのこと愛しているからね、という軽口もまた、ぼくの口からは漏れませんでした。なにせ、結婚相手に言う冗談としてはあまりおもしろくない部類のものですから。

    恋だったの? と、それをひとは知りたがるけれど。

    「KIRA☆KIRA.PDF」

    収録作品

    • 忘れる
    • トゥー・ユー
    • ЗАКУСКА
    • 背の高い帽子屋の話
    • 同一人物
    • 東雲と煙草
    • 雨中の口唇
    • 後ろに立つ者
    • 掃除機
    • 星の苦しみ
    • ナイフ
    • 赤い餅
    • ヒューガルデンとピルスナー
    • よしおのなくならない世界
    • きみどりの部屋
    • CUT!
    • 釘喰らう馬鹿
    • そぞろスパイシー
    • 入念
    • トーク・トゥ・ハー
    • 水瓶座
    • あさましい三日月
    • 夜空を撮る写真家の話
    • 竹取物語(2016)
    • ハロー、ハロー、宇宙から。
    • ぼくらが紺になる日まで
    • 厳選
    • KIRA☆KIRA.PDF

    販売サイト

    初版発行日

    • PDF:2020年4月1日
    • mobi:2018年1月30日
    • 書籍(文庫):2018年7月12日

    頁数

    • PDF:164p
    • 書籍(文庫):164p(表紙回り4p含む)

    発行元

    • PDF:6e
    • mobi:6e
    • 書籍(文庫):6e